商品入魂!メルカリで高く売る秘訣2

フリマアプリのイラスト

ブランドシェルター上野店で御座います。

先日の記事では、メルカリで高く売る秘訣として写真について掲載しました。

今回は、第2弾 商品説明編です。

商品説明欄に魂を込める

皆さんは商品説明欄にどのようなことを記載していますか?

ブランド、色、サイズ、状態、くらいは一般的に書かれていることが多いです。

前回の記事でも記載しましたが、やはり他と差をつけるには差別化は避けては通れません。

では、どのように差別化を図るかというと

  • 購入者目線に立つ
  • 商品アピール

今回はこの2点について解説していきたいと思います!

「いいねが思ったほど付かない。」

「説明文をもっと工夫してみたい!」

「見た目は同じはずの出品者に先を越されてしまう。」

このような方にはヒントになるポイントがあると思います!

購入者目線に立つ

不用品の処分に困る人のイラスト(女性)

実際に購入者は何を思って購入するのでしょうか?

「心機一転、新しい良いネクタイが欲しいな」

「支払いはカードメインだから小さめの財布が欲しいな」

「このカバンは使い勝手が悪いしボロボロになってきたなあ」

など、求めている理由を考え商品説明欄に記載しましょう。

例えば、

上質なシルクを100%使用していますので、綺麗な光沢があり普段のスーツスタイルに華やかさをプラスしてくれます。

コインポケットが小さめのキャッシュレス化にマッチしたコンパクトな財布です。

化粧ポーチやタブレットPCなどが収納できる実用的なサイズ感です。

その商品がどのように使えるかをイメージしやすく記載することで、購入してくれる可能性が高くなります!

・商品アピール

物欲のイラスト(男性)

前述の購入者目線で記載した後、さらにその商品のいい点をアピールしもう一押ししましょう。

主張しすぎないのに一目で分かる嫌みのないデザインで、シーンを選ばずに活躍してくれます。

コンパクト財布はジャケットやポケットに入れても重さを感じにくく携帯性に優れています

マチも十分にあり各種デバイスや1泊旅行の着替えまで、使うシーンやライフスタイルに合わせて使用可能です。

求めていたものプラスアルファで記載されていると購買意欲を掻き立てやすく、そこから購入に繋がる可能性が高くなります。

ただ商品の情報しか書いていない方と
商品の情報にプラスアルファをして、次にその商品使う方への配慮や商品への思いが含まれている方

これだと後者を選ぶ確率が高いと思っています!

魂は細部に宿る

上記の2点を抑えるだけでも商品説明欄のイメージは変わってくると思います。

小さなことかもしれませんが、その積み重ねでライバルとの差が徐々に開いていくでしょう。

そのブランドや商品を好きになることも近道のひとつです!!

高く売れている方を見て”何で売れたのか”ではなく”なぜ売れたのか”を考えてみるといいのかもしれません。

もし今回の例文が当てはまって使えそうならコピペして使ってみてください!

まだやっていなかった方は是非お試しあれ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA