LVやGUCCIではなく、HermèsになりたいCHANEL。

こんにちは!

ブランドシェルター上野店で御座います。

 

 

つい先日、

インド出身のリーナー・ナーイル(Leena Nair)

新たなCEOとして就任したシャネル。

2019年以来、一部のハンドバッグ価格を

約2/3引き上げるなど話題が尽きないブランドです。

そんなシャネルに対して

様々な専門家やアナリストの面白い意見が

ありましたのでご紹介いたします。

 

 

  

  

丸レッド大手銀行小売り責任者

 (HSBC)

シャネルは化粧品や

サングラスはEC販売していますが、

バッグや洋服は断固として拒んでいます。

コロナ渦になり

オンライン需要が急増しましたが、

その波には乗れず、

結果として、2020年には

収益が18%減少し

営業利益が41%減少した。

「今回の値上げは、収益減少を補うための一つに過ぎない。」

 

 

丸レッドハイブランド再販サイト責任者

 (Vestiaire Collective)

エルメスは元の価格よりも高く売れるが、

シャネルはそこまでに至っていない。

「おそらく、シャネルは定番モデルをバーキンやケリーと同等レベルの地位へ持っていきたいが、道のりは遠い。」

 

 

丸レッド中古バッグサイトCEO

 (Rebag)

シャネルは超高級路線を狙っている。

中型バッグは現在7,800ユーロ(8,800ドル)で、

エルメスのトーゴカーフスキンのバーキン30よりも

100ユーロ安くなっています。

「ヴィトンやグッチからは距離を置き、エルメスを目指している。」

 

 

丸レッド大手雑誌ライター

 (Vogue)

彼女いわく、シャネルバッグの革は

傷や汚れから保護するために

重いコーティングが施され

チープな感触だそう。

「同じ価格であれば、エルメスのリンディを購入した方がいい」

 

 

などなど

少々辛辣ですが、

どこか的を得ていそうな

意見がたくさんあります。

 

とはいえ、1909年設立の

110年を超える老舗。

 

どんな荒波に揉まれようと

特別であり、憧れのブランド

であり続けるブランドであってほしいですね。

 

 

 

 

12月に入り、寒さも本格化してきました!

 

皆さんのお住まいの地域では、

雪が降り始めているところも

あるのではないでしょうかニコニコ

 

今年も残りわずかですね雪だるま

 

 

ブランドシェルター上野店は

12/26~1/5までお休み頂きます。

 

ただし、近郊の事務所等での

営業は行っておりますので

買取や卸売りは予約制にて

営業は致します。

 

その場合は事前にお電話か

メールかLINE等で

ご連絡頂ければ幸いです。

 

今後とも

ブランドシェルターをよろしくお願い致します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA