エルメスやシャネルなどのブランドがロシア店舗を閉鎖!?

こんにちは、ブランドシェルター上野で御座います。

 

ウクライナ情勢は日々めまぐるしく変化しており

ほんの1日で「情報が古くなる」という状況ですね

 

 

そんな中、

Cartier(カルティエ)

RalphLoren(ラルフローレン)が傘下の

 

Richemont(リシュモン)

Hermès(エルメス)

ロシアでの一時休業を発表しました。

 

 

それに続く形で、

Louis Vuitton(ルイヴィトン)や

Dior(ディオール)

LOEWE(ロエベ)

FENDI(フェンディ)

などを抱え、

最近ではTiffany & Co.(ティファニー)の買収も記憶に新しい

LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)

 

 

GUCCI(グッチ)

Balenciaga(バレンシアガ)

Saint-Laurent(サンローラン)

などを抱える

Kering(ケリング)

CHANEL(シャネル)

らも

ロシアの店舗閉鎖と

ビジネスの停止を発表しています。

 

 

シャネルによると、

既にロシアへの配送と

オンライン販売を停止しているとのこと…

 

 

これからロシアはウクライナにどうしていくのか?

ロシアへの世界の対応は今のままで良いのか?

いかなる戦争もない世の中を願っています。

 

https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-hermes-idJPKBN2L11LZ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA