スカル柄の生みの親?アレキサンダーマックイーン

Alexander McQueen | アレキサンダー・マックイーン公式サイト

   

アレキサンダーマックイーン(Alexander McQUEEN)は、1992年にリー・アレキサンダー・マックイーン氏が立ち上げた、イギリス・ロンドンを拠点としているファッションブランドです。

コンテンポラリーラインである「マックキュー アレキサンダー・マックイーン」も展開しています。

世界のファッションデザイナー Alexander McQUEEN

   

16歳からオーダーメイドの名門高級紳士服店が集中しているサヴィル・ロウにて、ビスポーク(注文仕立て)のテーラリング技術をみがきました。

Spotlight: Savile Row - Retail Gazette

   

20歳でサヴィル・ロウから離れ、英国の名門ファッションスクールに通います。

1991年の卒業コレクションが、当時「ヴォーグ(VOGUE)」誌のスタイリストを務めていたスタイリストのイザベル・ブロウ氏の目に留まり、すべて購入されたことをキッカケにデビューします。

   

   

スカル(どくろ)柄の生みの親

今では何も違和感のないスカル(どくろ)柄ですが、この柄を流行させたのは、「アレキサンダー マックイーン」のスカーフだと言われています。

いまでもバッグや財布などにはブランドを象徴するスカルが配置されています。

スカルスカーフ | LovelySelect
未使用品 アレキサンダーマックイーン Alexander McQueen チェーンウォレット 長財布 スカル フラワーモチーフ レザー 2つ折り_画像1

    

死や暗黒といった負のイメージをファッションに落とし込んだ先駆者。

マックイーン氏は「売れ線狙いは絶対にしない。金もうけに興味はない」と宣言していたことからも、ビジネスを重視している他のブランドとは一線を画していました。

   

「英国ファッション界のバッドボーイ」「ファッション界のフーリガン」といった様々な表現をされていたことからも異端児であったことは間違いないでしょう。

   

「マックイーン:モード界の反逆児」というタイトルで、彼の生涯を綴った映画まで公開されました。

気になる方は是非ご覧ください。

   

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA