ブランド古物商になるには!!

本日の課題はブランド古物商になるには!!

と言うテーマの記事を書かせて頂きます。

ブランド古物商!!

ひと昔前、平成の初期くらいまではブランド古物商になるには、

警察に古物商の免許の許可を取り、質屋の許可を取り、

店舗を借りて営業するのが一般的な流れであった。

ですが形になりまでに費やす開業資金は1千万円であったり高価であり

原則、融資が通らない質屋は古くから続く稼業の方が多く

新参者には敷居が高い事業でありました。

その後、ネットの普及に伴いブランドリサイクルが続々誕生して、

今や古物商の免許さえ取得すれば、何方でも開業出来る時代となりました。

街に出ればリサイクル屋、古着屋、買取専門店と・・・・

少し大きな駅では必ず見かける様になりました。

ただし、開業と資金を稼ぐと言うのは全く別のお話で、

実際に古物商の免許を取得しても、

本業として生業が出来るのは1000人に1人もいないとも言われています。

コロナ不況で、在宅ワークに変わった現在、更にブランド古物を目指す

方が多くなって来たのも事実であります。

弊社にも良く、そんなブランド古物商をやりたいと言う方が多くいらっいます。

どうしたらブランド古物商で成功出来るか?

答えは簡単である。

始めたら絶対に辞めないと言う決意と

ブランド品を金と考えずに(好き)と考える事である。

ブランド品を金と考えるのも正解では御座いますが

冒頭でも挙げた通り、古物商の人口が増えた現在、

安値でブランド品を仕入れる事が不可能になりました。

買取店もどこも競争で、買取価格は今やECサイトより(高い)なんて事も御座います。

つまりブランド品は金を出せば幾らでも仕入れる事は可能ですが、

利幅を作るのが困難という現状で御座います。

そうなれば、好きな得意分野を持つ事であります。

バッグが支流な現在、時計や衣類や壺など、

人と違うものを追求してみたり、

売り方もECサイトやフリマアプリだけでは無く、

海外への輸出するとか、店舗を出すとか工夫したり、

それは(好き)だから出来る事で(好き)だから苦労も出来る事で

とにかく、好きなものは勉強する事に(苦)にならない事だと思います。

またとにかく諦めない事です。

折角、古物商を取得して、商品も仕入れたのに、

速攻で利益に結び付かないから辞めてしまうと言う方も

いらっしゃいますが、本当に勿体ない事だと思っています。

後は真心です。

真心を持てば出来ると私は思っています。

これはブランド古物商だけでなく、殆どの事業で言える事だと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA